098-892-0555(日本語)
★申請取次行政書士(那)行17第6号
★法定業務研修「相続業務研修会」修了済
★コスモス成年後見サポートセンター加入済

 昭和26年(1951年)行政書士制度を法律として定めてから、平成30年11月末まで、全国に行政書士が48,005人います。

 沖縄にある当事務所「行政書士富田法務事務所」が沖縄の行政書士豆知識をご紹介します。

沖縄の行政書士は何人いますか?

 日本各都道府県により、行政書士の人数が違います。その中に、沖縄県の行政書士会に登録されている行政書士は約400人弱しかいません。都道府県単体での人口に対する比率として、行政書士の数は少なめと言えます。

沖縄の行政書士案件の特徴は

 地方により、行政書士が取扱う案件数の比率は変わり、企業やサービスなども、その地方ならではのやり方があります。もちろん、沖縄でも特定の傾向があります。

沖縄の農地転用が意外と多い?

 沖縄では、北部や南部など、先祖や親たちなどから相続で農地をもらう場合が多くあります。しかし、若い世代の方は農業をしない方が多いので、不動産売買や建設用途に係る農地転用案件が比較的多いです。

【関連記事】
不動産にも役に立つ!行政書士の不動産サポートまとめ

沖縄で中小企業が続々開業

 沖縄の中小企業は県内企業全体の99.9%占めています。そのため、企業ごとの営業許認可の申請などの案件も豊富で、特に近年海外観光客急増の沖縄では、新規の旅行業登録も増加しています。

【関連記事】
旅行業登録種類大解説!旅行業を始めたい方必見!

沖縄の外国人在留資格案件が急増

 近年沖縄への海外観光客が急増しているため、外国人留学生や労働者もどんどん増えています。そのため、在留資格の需要も増加しています。

【関連記事】
専門行政書士が解説!外国人ビザ申請注意点まとめ

沖縄の行政書士は都市部と若干違う?!

東京の行政書士とは違います

 行政書士が担当できる業務は非常に幅広く多いです。(詳しくは「行政書士とは何?わかりやすく解説!」をご覧ください。)そのため、都市部では案件数も多く単価も比較的高いため、それぞれの行政書士が一つの専門領域に特化し、その業務だけを承ることが多いです。

 しかし、沖縄では諸事情あり、一つの専門領域に特化することは難しいのが現状です。(士業の敷居が高く感じるのかもしれません。)

沖縄にある当行政書士事務所の強みは

 最後に、同じ沖縄にある当事務所の強みを紹介します。

沖縄ならではの強み

 士業は必ず対面で話し合わなければならないイメージがありますが、実は郵送やネットでの申請手続も多く存在しております。同じ仕事のボリュームとクオリティーであるなら、都市部と比較すれば、沖縄の人件費であればコストを抑えられます。

 また、上述のように、沖縄では行政書士案件をすべて幅広く承れているため、一つの案件だけではなく、全般的にサポートすることができます。

一般企業で長年の実務経験

 当事務所の代表行政書士は、長年各業界を経験し、業界ならではの視点や考え方を共感できるため、あなたの行政手続や事業をスムーズにサポートできます。

法律知識を持つ外国籍社員

 宅地建物取引士資格を持つ外国籍社員がいるため、外国人に関する対応はもちろん、海外進出や海外の市場調査にも役に立ちます!

 お困りになったら、まずは「行政書士富田法務事務所」にご相談ください!

今すぐネット相談してみよう!